ブログトップ

平洲中NOW28

石原先生の特別授業! 2年生

30日(木),6時間目に2年3組では石原先生による特別授業がありました。
「けがの予防から、自分のからだを見つめよう」ということで、運動量によって身体にどんな影響があるのかを学習しました。
b0364601_22414788.jpg
まずは、事前に行ったアンケートの結果を発表しました。
普段は保健室で優しい笑顔の石原先生ですが、授業となるとちょっと緊張している様子です。
ケガをしないように気を付けていたり、体の状態を考えたりして運動している人がとても少ないことがわかりました。
そして、運動によるケガの種類も、すり傷や切り傷など軽いものもあれば、ねんざや脱きゅう、骨折など治るまでに時間がかかるものまでありました。
そういったケガの中で『スポーツ障害』と言われるものについて、石原先生からスライドを交えて解説がありました。
b0364601_22480097.jpg
真剣にスライドを見て、メモを取ります。
スポーツ障害は体のバランスが崩れている状態での運動過多で起きやすく、痛いのに無理をすることが原因となります。
例えば膝に負担が過剰にかかるとオスグッドシュラッテル病になってしまうことがあります。
そこで、今の自分たちには運動過多によって痛いところはないか、チェックをしました。
b0364601_23024830.jpg
石原先生が見本を見せてくださり、
b0364601_22582390.jpg
それをみんなでやってみました。「あっ、痛い!」「あれ?曲がらない・・・。」「何か筋肉痛。」などの声が上がりました。
この結果を踏まえて、自分たちがそういったスポーツ障害にならないようにするためにはどうしたらいいのかを話し合いました。
b0364601_22564456.jpg
このペアは自分の経験を話し合い、共通するのもがあって盛り上がっています。
b0364601_22584216.jpg
石原先生も、座席を回って声をかけてくれていました。
その後、「ゆっくり寝る。」「お風呂でストレッチをする。」など、運動をした後に体を休める方法を発表し合いました。
b0364601_22585360.jpg
わがクラスの学級委員は、意見を発表してみんなの笑い(ややウケ)をとりました。
b0364601_22392066.jpg
石原先生も笑っています。やったね!
最後に、加重負担にならないように体のバランスを鍛えるトレーニングやストレッチを行いました。
一つ目は、足の指でタオルをたぐり寄せていく「タオルギャザー運動」。誰が速くできるか競争しました。
b0364601_23242957.jpg
速くできた人は大喜びです。1位は速すぎてカメラに収まりませんでした・・・。
次は体幹トレーニングです。部活動でやっている人も多いようで、「やったことある!」と自信満々の様子の人も。
ですが実際にやってみると、なかなか厳しい!
b0364601_23425368.jpg
b0364601_23435585.jpg
姿勢を維持するのが難しくて直されるときも。
授業の終わりに、石原先生から「どこか1か所に負担をかけ過ぎないように体幹を鍛えることが大切。ストレッチで体を伸ばしてほぐすことは、運動過多の人にも運動不足の人にも良いことだから、気が付いたときにやってみるといいですよ。」とアドバイスをいただきました。
石原先生、ためになる楽しい授業をありがとうございました!(ね)

[PR]
by heisyu28 | 2016-06-30 23:55 | 2年生